会社情報

トップメッセージ

日本ビーシージー製造株式会社は、1952年(昭和27年)に現在の公益財団法人結核予防会から分離独立し、設立以来一貫してBCGワクチンとツベルクリンの製造と供給を続け、国内の結核予防対策に貢献してまいりました。
結核は現在もなお、AIDS、マラリアと並ぶ世界三大感染症の1つであり、全世界で結核撲滅に向け努力が続けられています。当社もBCGワクチンを国内のみならず、ユニセフなどの国連機関、世界各国に半世紀以上にわたり供給を続け、世界の結核予防対策にも協力しております。
今後も、結核領域に事業の重点を置きながら、"ワクチンの製造や研究を通じて得た優れた知識、技術を活かし、高品質な製品を安定供給し、独創的な製品を開発することを通じて、世界の人々の健康に貢献する" を日本ビーシージーグループの基本理念とし、"世界の人々の健康に貢献する企業"として最善の努力を尽くしてまいります。
今後とも引き続きご支援賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長林 一信

会社情報